診療内容(一般歯科・歯周病治療)

お電話はこちら0979-43-6630

一般歯科

虫歯治療

虫歯治療「虫歯」は、お子様からご高齢の方まで多くみられるポピュラーな歯の病気です。口の中にある細菌が歯を溶かし、進行していくと歯髄まで到達して強い痛みが現れます。最後には歯が抜けてしまうことになる怖い病気です。
さらに、虫歯が原因で歯周病を併発したり、咬み合わせが悪くなるなど、口腔内はもちろん全身の健康にも影響を与える恐れもあります。
それを防ぐためには、日頃から虫歯にならないようメンテナンスを欠かさず行い、虫歯になった場合は早めに歯科を受診することが大切です。

当院の虫歯治療

当院では、虫歯の痛みを取りながら、再発のリスクを抑えるよう、1本1本確実に治療を行ってまいります。
虫歯治療に付きものの痛みについても、患者様にとってストレスの少ない治療を心掛けております。

無痛治療について

当院では、痛みを伴う治療では麻酔を使って行いますので安心です。
また、麻酔注射の痛みを抑えるために、注射の前に表面麻酔を行い、薬剤の注入のスピードや圧、温度にも気を付けながら注射を行います。
さらに、麻酔の薬剤は質の高いものを使用しているのもポイントです。

親知らずの抜歯

「親知らず」とは、奥歯の一番奥にある歯のことで、「智歯」ともいわれます。
この親知らずは上下4本ありますが、全く表面に出てこない方もいれば、1本だけ生えてくるという方もいます。
問題なのは、親知らずが虫歯になったり、生え方が悪い場合です。痛みを伴う場合は抜歯をしますが、親知らずは歯茎の中に埋まっている部分が多いので、大きな外科的な手術になることがほとんどです。
抜歯が難しい場合は、安全のために大学病院で行うこともよくあります。

当院での親知らずの抜歯

当院は、専門医によるチーム体制によって、難しい症例にも対応をしています。
月に一度、提携している長崎大学から口腔外科指導医(病院准教授 池田久住)が来院して診療にあたりますので、他院に転院しての治療に不安がある方でも、安心して当院の院内で治療を受けていただけます。

歯周病治療

歯周病治療「歯周病」とは、歯と歯茎(歯肉)の隙間(歯周ポケット)から侵入した細菌が、歯肉に炎症を引き起こし、進行すると歯を支える骨(歯槽骨)を溶かしてしまうという怖い病気です。最終的には歯が抜け落ちてしまうので、歯周病の疑いがある方は早めに歯科を受診されることをおすすめします。また、日頃からのメンテナンスも大切です。

これって歯周病?

気付かないうちに進行していることが多い歯周病ですが、いくつかの自覚症状があります。以下の症状がないかチェックしてみましょう。

  • 歯茎が赤い
  • 歯茎がむず痒い
  • 歯茎がしみる
  • 歯茎から血が出る
  • 歯がグラグラする
  • 硬いものが噛みにくい
  • 口臭が気になる

これらの症状が当てはまる場合は、歯科を受診しましょう。

当院の歯周病治療

STEP1 ブラッシング指導

歯周病の原因となる歯垢を溜めないようにするためにも、毎日のブラッシングが大切です。当院では、患者様がご自宅で無理なく正しいブラッシングができるようアドバイスさせていただきます。

STEP2 クリーニング・スケーリング

患者様ご自身では取りきれない歯垢や歯石は、歯科医院で行うPMTC(プロの手によるクリーニング)やスケーリング(歯石取り)できれいに取り去ります。
歯茎の奥にある歯石を取る場合は、麻酔を使用しますので痛みは感じません。

STEP3 外科的手術による治療

歯周病菌が歯の根の部分まで到達している場合は、歯茎を切開して患部を消毒するといった処置を行います。その際は外科的手術を行いますが、当院では治療経過をよくするために「CO2レーザー」を使用するなど、負担の少ない治療を心掛けています。

根管治療

「根管治療」とは、進行した虫歯の細菌が神経まで達した際に行う、歯の根の治療です。
神経に細菌が入るとそこが化膿してしまい、歯の神経を抜かなければならなくなります。そこで行うのが根管治療です。歯の神経が通っている直径1mm以下の管を清掃・消毒後、ゴムで完全に密閉することで、自分の歯を残すことができます。

当院の根管治療

見えない部分の治療のため難易度が高く、医師の技術と経験がものをいう治療です。しかし、当院の院長は根管治療を得意としており、豊富な実績があります。

また、歯の根の清掃・消毒においては、殺菌作用の強い「高周波レーザー」を使用することにより、スムーズに無菌化することができ、治療時間を短縮することで体への負担も軽減します。

小児歯科

小児歯科お子様にとっては、小さいうちから歯と口腔内の健康を保つことが、将来の虫歯や歯周病のリスクを軽減します。
まずは、「歯医者が怖い」という気持ちをなくして、リラックスして通っていただけるよう、医師・スタッフともに心を配りながら診療させていただきます。

怖がらないための配慮

治療を怖がるお子様は多いものです。当院では、子どもの応対に慣れた医師・スタッフが診療にあたりますので、安心してご来院ください。激しく泣いているお子様でも、来院されたときには何かひとつでも治療を行い、慣れていただくよう進めてまいります。
また、どうしても治療を拒むお子様には、リラックス効果の高い「笑気麻酔(自費診療)」も行っております。

キッズルームを完備

キッズルーム当院には、お子様が待ち時間をリラックスして過ごせるよう、遊具を備えたキッズルームを完備しています。親御様が治療を受けられる際にもキッズルームをご利用いただけます。

笑気麻酔

笑気吸入鎮静法の効果  笑気吸入鎮静法は、笑気吸入装置で30%以下の低濃度笑気と70%以上の酸素を混合し、専用の鼻マスクから笑気を肺に吸入させることで、血中に急速に溶け込み、5分以内に鎮静状態に到達します。また、血中からの排泄も非常に速く、笑気の吸入を停止すればいつでも速やかに鎮静状態から回復します。

笑気吸入鎮静法に対する実感 10~20%の笑気吸入で体が暖かくなり、手足の先がぴりぴりした感じがしてきます。20~30%では口の周りのしびれや、体が軽くなってきます。ま た、遠くの方で音がするような感じがしたりします。このころになるとぼんやりした非常に心地よい楽しい気分になり、体が重く感じたり、逆に軽く感じたりし て、痛み感覚も相当鈍くなってきます。

こんな方におすすめいたします

  • 歯科治療に不安感、恐怖心、不快感を持っている方
  • 治療を極端にいやがるお子さま
  • 神経質な方
  • ストレスに対する予備力の低い高齢の方
  • 過去、歯科治療中の神経性ショック、脳貧血様発作、疼痛性ショックの経験がある方
  • 心疾患、高血圧など内科的慢性疾患を持ち、歯科治療のストレスを軽減すべき方
  • 嘔吐反射の強い方

レーザー治療の特徴

レーザー治療

虫歯予防と治療
レーザーは、歯ブラシが届かないところでも熱エネルギーで殺菌し、虫歯になりにくい歯をつくるとともに、虫歯そのものを除去することもできます。
知覚過敏
水を飲んだり歯ブラシをあてると歯がしみるといった症状があるときは、レーザーで歯の表面に薄い膜ができて孔(あな)をふさぐことで、歯の神経を保護することが出来ます。
歯周病
歯と歯茎の間のミゾにレーザーをあてることで歯周病の原因となっている細菌が急激に減り、ウミが自然に出て、出血や痛みがおさまり、治りを早くします。
歯茎の黒ずみ
タバコなどのメラニン色素により黒ずんでしまった歯茎も、レーザーはきわめて短時間で除去することができます。数日後にはもとのきれいなピンク色の歯茎に生まれ変わります。
口内炎
お口の中や、唇にできる口内炎や口角炎の痛みは、レーザーですぐ和らぎ、治りも早くなります。

高周波治療

様々な臨床例に対応します

高周波治療

高周波治療とは高周波電流を使用し、生体との接触点における発熱を医学的に上手に利用した治療法をいいます。
人体に安全で、確実に患部を消毒・殺菌し、自然治癒を助けます。

高周波の効果
  • 除痛効果 痛みを和らげます
  • 代謝改善 代謝をよくします
  • 組織賦活効果 組織に活力を与えます
  • 消炎効果 消毒・殺菌します
  • 骨造成効果 骨を作る手助けをします
具体的治療例

治療例

根管蒸散(滅菌)
目的・・感染根管壁の滅菌処理します。
知覚過敏処置
目的・・歯牙表面に露出した象牙細管を焼灼固定します
インレー装着後知覚過敏処置
目的・・インレー体と接触している象牙細管を焼灼固定します。
難治性根尖病巣処置
目的・・・根尖病巣内の細菌・真菌類の滅菌します。
(根管内からの非外科的処置)
歯周病処置(メンテナンス)
目的・・・高周波熱による歯周ポケット内の滅菌と不良肉芽の処置します。
歯周病処置(P急発)
目的・・・歯周ポケット内の炎症を抑え細菌を減少させ痛みを緩和させます。
高周波通電後の骨の再生
メラニン除去
24h無料相談メール
お電話はこちら0979-43-6630
スタッフブログ医療法人 博真会求人情報Facebook